肩甲骨の不思議

身体の『健康』には『肩甲』骨の位置が重要です。

 

洒落のようですが事実で、肩の症状の多くは肩甲骨が関わっています。

 

この肩甲骨の位置に重要なのが『肺の力強さ』です。

 

肺は肋骨、鎖骨、背骨、横隔膜などに囲まれる構造です。

 

力があれば自然と呼吸が深くなり、それらを押し広げ肩甲骨を内側に寄せ、上がり、適切な位置に保たれ、血管や神経などを圧迫することなく姿勢も良くなります。

 

逆に力が無ければ周囲の構造体が壁となり押し広げる事が出来ず、浅い呼吸に終始してしまいます。

 

そうなると肩甲骨が適切な位置を保てず左右に広がってしまい下がってしまいます。

 

さらに崩れたバランスを維持するために腰骨が下がり骨盤が開いてきます。

 

骨盤が開いているからといって骨盤矯正などと称して無理に整える事がどんなに無駄で無意味な行為かがよく分かる身体の連動構造です。

 

ちなみに『肺の力強さ』とは肺活量を指しているのでは無く、肺に弾力があるかどうかという事で、完全に息を吐き切り、思い切り息を吸い込めるか、しっかりとした深い呼吸が出来るかという事です。

 

ストレスが溢れていたり、気が上がってしまっていたり、イライラしていたり、くよくよしていたりすると呼吸は浅くなります。

 

気を下腹(丹田)に落とし、ゆったりした生活を心がけましょう。