O脚、がに股の原因

人は股関節、膝、足の裏でバランスを取り身体全体を支えています。

 

特に足の裏は重要で、親指と小指と踵(かかと)の3点がしっかりと地面を踏ん張ることで正しく自然な立ち方が出来ます。

 

しかし外反母趾、内反小趾など3点の支持が崩れてしまうと重心も崩れてしまいます。

 

この不自然な重心を安定させるために膝や骨盤や股関節に負担をかけるなどしてさらに不自然に身体を崩すことで何とかつじつまを合わそうとします。

 

その1つ、女性によく見られる『O脚』もこれらの結果生まれてくる状態です。

 

足の裏で取れなくなったバランスの負担は次の段階として膝に来るので、それを膝は少しでも軽減しようとして外側に圧力を逃がそうと姿勢を変化させます。

 

これが『がに股』に繋がります。

 

つまり『O脚』や『がに股』の悩みを解消するには、内股の筋肉を鍛えたり、脚を縛ったりする前に足の裏の3点でしっかりと地面に立つこと、その3点を使ってしっかりと歩くことが大切です。

 

それには『履物』に最大限の意識を持って下さい。

 

通勤や買い物など日常での履物は、足に優しい履物ですか?

 

デザインやトレンドに惑わされて一番大切な自身の身体をないがしろにしてしまっていませんか?

 

ちょっとした意識の変化がその後の生活の質を大きく変える結果に繋がることもあるのではないでしょうか。