言い訳症候群

なにかにつけて『どうせ出来ない』と考えてしまう悪い癖をなくしませんか?

この考えの方は、物事がうまくいかない理由を説明するために、様々な言い訳を口にします。

 

『年齢』 どうせ歳だから。同年代の友人もそうだから。

 

『体調』 首が、腰が、膝が痛いから。疲れているから。

 

『運』  いつもついてないから。昔から運が悪いから。

 

『知性』 馬鹿だから。頭が悪いから。難しい事は分からないから。

 

『時間』 多忙だから。暇がないから。

 

言い訳症候群を改善するのは、そんなに難しい事ではありません。

 

自分のため、にも関わらず努力をしたくないために、言い訳をしているという事実を直視し、自覚する事です。

 

ごまかしごまかしなんとか逃れてきたような生活を変えるために、自分自身の考え方や、心の持ちよう、これからの自分のあるべき姿をじっくり考えてみる機会を持ってみませんか?

 

自身の長所に目を向け、価値や評価を正当なものに変えるだけで、本当に必要な事に前向きに挑戦する意思や覚悟が自然と身に付くでしょう。