鍛える順番(筋トレのすすめ)

筋肉を鍛える時に重要なのは鍛える順番です。

 

効率よく鍛えるにはふくらはぎ、太もも、お尻など下半身の大きな筋肉、その後、胸、背中、肩、腕など上半身、そして腹部、わき腹、腰背部などの体幹の順が良いとされています。

 

大きなパワーが必要になる大きな筋肉から鍛えないと、筋力がもたないのです。

 

体幹を最後にするのは、体幹が身体の重心で背骨や骨盤を支える筋肉が集中していてバランスや姿勢を維持するのに重要だからです。

 

つまり、先に体幹に負荷をかけてしまうと、筋肉が疲労してしまい姿勢が維持出来ず、フォームが崩れ、効率が悪くなるだけではなく怪我に繋がってしまうからです。