肘湯(野口整体)

手、腕、肩、首が疲れている時にとても有効なのが肘湯です。

 

大きめの容器に45~47度程度の少し熱めの湯に、両手を5~6分

ゆっくりした呼吸とともに浸します。

 

手と腕が真っ赤になるくらいが目安です。

 

左右に差があれば赤くなってない方だけ続けて下さい。

 

もう片方の手はタオルを巻いて冷えないように気を付けましょう。

 

肋間や胸の筋肉の硬直をゆるめる効果があるので呼吸器系の疾患、肋間神経痛、胸の締め付け、肩こりに効果的です。

 

慢性的に上半身に疲労が溜まる方は、定期的に血流を良くする事を心掛けましょう。