笑いの力(呼吸と免疫力)

『笑い』にはNK(ナチュラルキラー)細胞という免疫力に関する細胞を活性化させることが知られていますが、血糖値が下がり糖尿病の改善につながるとも言われています。

 

さらに笑うと自然と腹式呼吸が出来て、深い呼吸になり血流も良くなります。

 

大笑いするとお腹が破れるとかちぎれるとか痛いなどの状態になりますが、それは横隔膜を中心に腹筋群が伸縮して動くためです。

 

その影響で内臓運動が起こり、血行が良くなり消化、吸収、解毒、排泄という健康にとって欠かすことの出来ない連動が強くなっていきます。

 

また、心にも良い影響が出ます。

 

笑う事で心に安らぎや余裕が出来、良い気があふれます。

そんな気を出す人には自然と良い気がどんどん集まってきます。

 

逆に眉間にしわを寄せ口をへの字に結び、浅い呼吸で過ごしていると

自然と悪い気が集まってしまい、ますますマイナスのスパイラルに陥っていくでしょう。

 

まず、笑ってみましょう。

 

ぎこちなくても構いません。

 

口角を上げるだけでも構いません。

 

笑いには健康の源が詰まっています。