目の疲労

TVやパソコンや携帯端末など画面を観続けることによる調整緊張で起きます。

 

目は近くのものを見る時、水晶体を分厚くし網様体筋という筋肉が緊張しますが、これを休憩も入れず長時間続けると、緊張状態が解けなくなってしまいます。

 

その結果、物がぼやけて見える、目が痛む、涙が出る、おでこ回りが痛む、めまい、吐き気、後頭部がしびれる、肩がこるなど症状を感じるようになります。

 

対策は時間の管理です。

 

画面を見る時間を短縮する。

 

同じ姿勢でいる時間を短縮する。

 

時間を短縮出来ない状態なら時間を決めて定期的に目と身体を休める。

 

休憩、休息、休養、睡眠をうまく取り入れて疲れが蓄積されないようにバランスをとりましょう。