至人(しじん)は己なし

本当に充実した人は自己主張しないものです。

 

理想的な人間は大自然と心を1つにして生きる人であると考えると、

 

自然のように是非善悪の自己主張をする事もなく、

 

自分の欲望で動く事もなく、

 

地位や名声を求め争う事もなく、

 

非難されても劣等感を持つ事もなく、

 

褒められても無理な努力もせず、

 

自分の『分』をわきまえ、自然の心に従って悠然と自分らしく謙虚に生きましょうという事です。