健やかな眠り(ストレッチで疲労回復)

しっかり寝たつもりなのにどうも疲れが取れない。

 

日中、眠くて仕方がない。

 

このような状態の方は睡眠による疲労回復が十分にされていないと考えられます。

 

例えば大きなストレスにさらされていたり、筋肉の一部、特に呼吸筋がこった状態のまま眠ると自律神経のバランスが乱れ自然な呼吸が出来なくなります。

 

すると身体が酸欠状態になり疲労回復に支障をきたします。

 

寝る前に身体を全体的にゆるめ、こわばった筋肉を伸ばしておくと呼吸が楽になり眠りやすくなります。

 

しかし、激しいストレッチは交感神経が優位に働くため逆効果に働いてしまいますので、あくまでも軽く行ないましょう。