約束を守る重要性

各指導を行なっていく上で、当院とクライアントとの間でとても大切な事柄があります。

 

それは、『約束を守る』という事です。

 

肥満改善指導や運動指導などでは、当然日々の生活の中で習慣として行なっていただくメニューがありますが、何をどれだけ行なうかは全てクライアント自身が決めるようにしています。

 

自分のライフスタイル、性格、取り組む姿勢などを考慮し、出来る限り『約束事』は守るように指導していきます。

 

そのためには『守れる約束しか結ばない』事が重要です。

 

「毎日1時間ウォーキングします」

「毎日腹筋50回、背筋50回、腕立て50回を3セット行います」

「今日から酒もたばこもきっぱりやめます」

 

力の限り頑張って、ひたすら尽くしてでないと守れないようなこのような非現実的な約束は、長くは続きません。

 

調子を合わせ、都合が良く耳ざわりの良い、行き当たりばったりの約束や、細かすぎる複雑な約束なども結ぶべきではないと考えています。

 

ですので出来る限りシンプルで、無理のない、生涯続けられるようなレベルでの約束をお願いしています。

 

そして結んだ約束はきちんと守り継続する事を指導しています。

 

要は約束の内容よりも自分の決めた約束やルールを『守る』という事に生活習慣の改善の秘訣があるのではないでしょうか。

 

しかしながら、そうはいっても人間です。

 

完璧な人などそうそういません。

 

決めた事が達成できなくても、それはそれで良いのです。

出来ると思っていたことが続けられないのは、失敗ではありません。

 

単に自分の性格、生活習慣とキチンと向き合うことなく、把握していなかっただけなのです。

 

自分の出来る事は何なのか、どこまでなら健康のために継続していけるのかを見つめ直すチャンスなのです。

 

それを参考にして常に改善を図っていけば良いだけの事だからです。

 

そうこうしていくうちに自身の生活習慣が整っていき、身体にも心にも優しく、無理なく、しかも効果的な健康生活が身についていく事でしょう。