筋肉と骨の話

身体の約半分は『骨』と『筋肉』で構成されていますので、

外見上の体型を決定するのは主に骨と筋肉となります。

 

ですので、体脂肪だけを落とせば魅力的な体型になれるはずはなく、身体の土台となる骨と筋肉がしっかりとしている事が重要なのです。

 

骨の並び方や筋肉のつき方は、多少の遺伝的なものがありますが、運動や食事などの生活習慣が大きく影響します。

 

年齢を重ねると筋肉が減り脂肪が増えます。

 

筋肉が減ると正常な骨格(骨の並び)が維持できなくなり

脂肪が増えると姿勢が悪化し体型が崩れてきます。

 

筋肉の運動がホルモン関連部位を刺激し様々なホルモンの分泌を促しますが、その中には成長ホルモンや性ホルモンのように老化を抑制したり、免疫力や疲労からの回復力を高めたりするものがあります。

 

つまり、筋肉を落とさず、きちんと動かしておくことは、若さと活力を保ち身体の不調を整える効果が大きいと考えられます。