呼吸法『肩甲骨呼吸法』

首、肩、背中が凝る人にうってつけの呼吸法があります。

 

『肩甲骨呼吸法』

 

背もたれのない椅子やベットに座り、両手を後ろで組みます。

 

その時、掌は上に向けます。

 

息を吸って吐きながら、肩甲骨を合わせ、あごを上に向け、組んだ両手を下へ伸ばしあごと掌で引っ張り合います。

 

息を吐き切ったら顔を正面を戻し、引っ張り合いをゆるめます。

 

これを気持ちのいい回数繰り返します。

 

ポイントは肩甲骨を閉じたり開いたりするとともに胸郭(肋骨まわり)を柔軟に動かし、深い呼吸をしやすくするところにあります。

 

簡単ですが気分が悪くなったら無理をせず中止して下さい。

 

そもそも呼吸法や体操などは、行なう際に『気持ちよくなる』事が大切ですので、自分なりにアレンジしても結構です。

 

合わないものを我慢して続ける必要はないと思います。