重力パワー

映画やアニメでは宇宙から帰還した宇宙飛行士は、颯爽と歩き、普段通りの生活をしますが、現実はどうでしょうか?

 

先日も宇宙での長期滞在をされた方が帰還されましたが、

その時の映像を覚えていらっしゃいますか?

 

何かに包まれるようにして座っている姿がカメラに映っていました。

 

そうです。 立てないのです。

 

長期間無重力という抵抗の無い生活を送っていると、筋肉は余分なものと判断され急速に退化していきます。

 

つまり『使わなければ衰える』という事です。

 

生まれてからずっと重力の影響下にいると、重力そのものを感じる事は滅多にありませんが、実のところ私たちは、生きている限り絶え間なく続く重力との戦いに明け暮れているのです。

 

若いころは重力に抗して立っている事、歩く事は何の苦も無く行なえますが、30代に入ると徐々に重力のパワーに押されていき、中高年と呼ばれる年齢になってくると、構造的に弱い膝や股関節や首に影響が顕著に現れます。

 

それ以降になると、もはや重力に抗う事が出来なくなるので、立てなくなり歩けなくなってしまいます。

 

重力に負けない身体を作り、いつまでも重力に勝利していただきたいものです。