小指と親指(身体の重心、バランス)

身体の重心、バランスを崩さないために気を付けたい事の1つは

 

手は小指に、足は親指に力を入れて動く事です。

 

小指に意識を向けて力点を置けば、肘が身体の重心に近ずきます。

いわゆる『脇をしめる』という動作です。

 

身体への負担は身体の重心から離れれば離れる程、大きくなり

重心に近づく程、身体は安定し効果的に無理なく動かす事が出来ます。

 

しかし足はその逆で、親指に力点を置きます。

 

手と同様に重心が外側にある事は良くありません。

 

外側に重心が偏れば、膝が開いて骨盤が開いて重心が身体の中心から離れてしまいます。

 

倒れやすくなったり、ふらつく体を外側の筋肉で無理やり固定しなければなりません。

 

このような不自然な力が加わり、バランスをとろうとする動作が日常化してしまうと、筋肉がバランスを失い、骨格自体が偏って、腰、肩、背中、首などが凝り固まってしまうのです。

 

ですから、『手は小指、足は親指』に意識を向けて下さい。