~綺麗な姿勢のために~③

大腰筋の衰えは、お尻の形にも大きく関わります。

 

骨盤の内側に付いている大腰筋が太ももを上げる筋肉とするならば、お尻に付いている大臀筋は足を後ろに蹴り上げる筋肉となります。

 

ですから、これらは1セットとして考えられるためにどちらか一方が衰えてしまうともう片方も当然衰えます。

 

つまり大腰筋が衰えると『ポッコリお腹』と『猫背』に加えて

お尻がたるんで垂れてしまうのです。

 

お尻は大臀筋と中臀筋という筋肉によって形が保たれています。

 

大腰筋や大臀筋、中臀筋が発達しているアスリートの方々は

お尻がキュッと引き締まって上がっていますよね。

 

しかし姿勢が悪くなりそれらの筋肉が弛んでくると骨盤が後ろに

倒れるとともに、大臀筋、中臀筋がだらしなく垂れ下がります。

 

下半身太りは単に脂肪が付いただけの結果ではないのです。

 

つまり脂肪を落とすとともに筋肉をつける必要があるという事です。