肝臓が弱る原因(腎臓と肝臓の関係)

12月も中盤を過ぎ、忘年会も終盤にさしかかっている時期ですが、寒さも加わり身体の不調を訴える方が増える時期でもあります。

 

肝臓に関して言えば、単にアルコールの飲み過ぎだけではなく

胃腸全体が疲れて十分な栄養吸収が出来なかったり、過度なストレスによるものであったりと、様々な要素が重なって働きが低下していきます。

 

特に腎臓が弱ると肝臓はガクンとその能力が落ちてしまいます。

 

本来、肝臓が解毒したものを腎臓が排泄するのですが、腎臓が弱ると

排泄出来ない毒物が肝臓の中に滞留してしまいます。

 

そのうちに一定量を超えてしまうと血液中に溶け出してしまい、

体中に運ばれます。

 

そして様々な悪さをしていきますが、からだがだるくなったり、眼が疲れてきたり、皮膚の柔らかい個所へ運ばれると吹き出物が急に増えたり、アトピー性皮膚炎になったりする場合もあります。

 

肝臓と腎臓は身体にとって『肝腎要』の臓器です。

 

出来る限り労わって大切にして下さい。

 

アルコールやストレスは勿論の事、塩分や味の濃い食べ物には

十分に、十二分に気を配って摂取をして頂きたいのです。

 

また弱った臓器に向けて、それ用の栄養ドリンク、サプリなるものを次々と取り込む方がいますが、こういう『プラスする』対処ではなく、その原因になっているものを『マイナスする』対処に変えてみて下さい。

 

身体は摂取されたものに対しては総動員して処理しなければならず、疲労していくばかりです。

 

弱っている時は、出来る限り休ませてあげて頂きたいのです。

 

腎臓が元気になれば、肝臓も元気になります。