姿勢と呼吸の関係

良い姿勢を維持するためには、いくつかの要素が必要なのですが

 

その1つが『呼吸』です。

 

一見、関係が無いように感じますがとても重要なのです。

 

身体は連動しています。

 

身体の動きに不要な物はありません。

 

深い呼吸は身体を緊張させることなく、それでいてしっかりと身体を内側から支える事が出来ます。

 

つまり意識で身体を固定するのではなく、呼吸で身体を固定する感覚が身についてくると、姿勢と呼吸が一体化し無意識の状態で、自然のままに姿勢が整い、楽に正しく安定します。

 

浅い呼吸の方はその浅い呼吸なりの姿勢しか作れないので、整え保つ事が大変難しいのです。

 

当院でもこの呼吸指導はとても重視していますので、健康の基礎としてしっかりと時間をとって行なうようにしています。

 

呼吸はその字の通り『呼』が先で『吸』は後です。

 

まずは、すべての息を吐き切る事。しかしこの動作は、日常では行われないので意外と難しいとおっしゃる方が多いです。

 

そしてすべて吐き切ったら今度は、新鮮な空気を体中に行きわたらせるかのごとく吸い込みます。

 

これを繰り返していくうちに自然と姿勢が整い、身体を歪めていた不自然な力みが取れ、どんどん身体が軽く、楽になっていきます。