イメージの力

身体に不調を感じると病院に行きレントゲンやMRIなど様々な検査で調べられ、何らかの答えをいただきます。

 

『椎間板ヘルニアです』

『ひざの軟骨がすり減っています』

『坐骨神経痛です』

 

その結果、人は無意識に安心してしまうのです。

 

訳の分からないものであれば、不安が増大するのですが、耳にしたことのある、聞いたことのあるフレーズであれば

 

痛み止め、湿布、グルコサミン、ヒアルロン酸などでなんとかなるのではないかと判断してしまうのですが、これは大きな勘違いです。

 

これらの診断は詰まる所『原因は分かりません』と言われたと理解して良いと思われます。

 

例えば、腰の痛みの原因の8割は腰が原因ではありません。

 

本人が腰が痛いと感じているだけに過ぎないのです。

 

ですからいっこうに良くなりません。

その時かぎりの処置を繰り返すしかないのです。

 

さらに、悪い事に腰が痛くなると

『自分は椎間板が飛び出て神経を圧迫しているんだ』

 

膝が痛くなると

『膝を曲げ伸ばしすると、骨と骨とがぶつかって痛むんだ』

 

などとイメージする癖がついてしまい、それが定着し治らない仕組みになっています。

 

病院めぐりが習慣になっている人はほとんどがこのパターンに

はまっているのです。

 

イメージは自己暗示につながりどんどん治らない身体になってしまいます。

 

固定観念から思考を切り替えるきっかけが必要なのです。