捻じれ

身体に不調を感じている方の中に、かなり多くの割合で、身体が捻じれている方がいらっしゃいます。

 

身体の捻じれとは、単に姿勢が悪いとか弯曲しているというものではなく、心が捻じれてしまい、それが身体の捻じれとなって表に現れているのです。

 

では、心が捻じれているとはどのような事でしょう。

 

性格が悪いという事でも、腹黒いという事でもありません。

 

日々の暮らしの中でどうしても解決できない苦しみや、苛立ち、乗り越えられない悲しみ、

 

また個々の考え方の偏りや、こだわりから起こる周囲との摩擦など、

 

それらが蓄積されていくうちに、ストレスで心が潰されそうになります。

 

すると身体が心を守るために、不自然に身体を捻じる事でそのストレスをなんとかやりすごそうとするのです。

 

このような状態が続くうちに身体は捻じられたまま固まってしまい、別の様々な不調を生んでしまいます。

 

ですから、身体の変位はただ姿勢が悪いからとかパソコンを使うからなどの単純なものではなく、その奥に潜むもっと大きな原因に気付き、光を当てる事から始めなくてはなりません。