正しい腰割りの方法

当院で最も力を入れている指導の一つである『腰割り』ですが、

見た目の動きが単純に見える事もあり、いい加減に行なってしまう方が少なくありません。

 

シンプルな動きであればあるほど間違って覚えると、効果が無いばかりか怪我につながります。

 

特に多いのが、腰が割れていない、股関節を開かず腰を落としてしまっている方です。


膝が前方に倒れてしまい、骨盤が後ろに寝てしまっているために

股関節がまったく使えていない状態です。

 

このようになってしまうのには、きちんとした訳があり、それらを整える事で正しい身体の使い方を覚えることが出来ます。

正しい腰割りのポイントは、

 

膝と足の指の向きを合わせる

 

膝が爪先を越えない

 

股関節を開く

 

骨盤と背骨を立てる

 

 


決して無理はせず、出来る範囲で行なう事がとても重要ですので

毎日の習慣になるまで、しっかりと正しい姿勢で行なえるように繰り返し取り組みましょう。