腹ばい体操

首、背中、腰、膝が硬くなると腹ばいの姿勢が辛くなります。

 

また、身体に偏りが出てくると、どちらかがやりやすく、どちらかがやりにくいなど左右差が現れてきたり、高血圧で肩が盛り上がり首が前に出てきてしまっている人や、姿勢が崩れ背骨の自然な弯曲がなくなっている人にはうつ伏せ自体が困難かもしれません。 

 

骨盤と腰骨と背骨をスムーズに動かす事を目的に、うつ伏せで首と膝を同じ方向に動かしながら、ゆっくりと左右に繰り返します。

 

慣れてくれば匍匐(ほふく)運動のように滑らかに身体をくねらせましょう。

 

一度お試しください。 

 

股関節と膝と足首が硬くなった人にとっては、自分の体重と重力によって伸ばされる効果がありますので、とても効果的です。

 

無理のない程度に続けてみましょう。