歯並びと噛み合わせ

歯が健康にとってとても重要な要素であることは常々申し上げているのですが、歯並びと噛み合わせについても同じく整えて頂きたいポイントの1つです。

 

ちなみに『歯並び』と『噛み合わせ』は同じではありません。

 

歯並びは歯の並び方を指し、噛み合わせは上下の歯列の噛み方を指しています。

 

ですから、歯並びが良くても噛み合わせが良くない、またはその逆でも健康に直接響いてきます。

 

歯並びが良くないとお手入れが行き届きにくく、虫歯や歯周病にかかりやすくなってしまいますし、噛み合わせが悪いと全身の骨格の歪みから身体の不調につながる可能性もあります。

 

どちらも大切なのですが、特に噛み合わせは健康にとって重要不可欠な要素ですので、出来る限り手をかけしっかりと噛むことの出来る環境を作っていただきたいと考えています。

 

現在では歯列矯正の器具や技術が格段に進歩していますので、年齢を重ねている方でも積極的に取り入れて頂きたい治療法です。


また、ホワイトニングでさらに健康的な口元を印象付ける事も出来ますので、より一層ご自分の口腔を健康に綺麗に保とうという意識が高まり、お手入れにも気持ちがこもると思います。

 

悪くなってからの治療は、結局のところ歯を失う事につながりますし、本当に怖いのは歯を失うとその根元の骨に悪影響が出るという事なのです。

 

骨が溶けたり、薄くなってしまったりと修復が困難になってしまいます。

 

最先端の技術として自分の細胞を培養し、増殖させ薄くなっている部分に埋め込み再生させるような事も出来るそうですが、まずは今ある状態を最善の方法で整えていく事がベストだと思います。