自律訓練法のコツ

自律訓練法の習得の第一歩は『環境作り』です。

 

練習を行なうために適した環境を作る事から始めます。

 

それは、家具を動かしたり、特別なところに赴き行なうのではなく、眠りの延長線上にある自律訓練法ですから、『眠り』に都合の良い環境を作るという意味です。

 

暑すぎたり寒すぎたり、うるさすぎたりする場所は適しません。

 

眼鏡をはずしたり、腕時計を外したり、ゆったりとした服を着たりなど身体のリラックスを妨げそうなものは極力避けます。

 

そして自然で楽な姿勢を取り、ゆったりとした呼吸を数回行えば、それだけで気持ちの落ち着きが得られ、スムーズに進めていく事が出来ます。

 

うまく集中出来ないという方は、まず、この環境作りから見直してみて下さい。