高血圧あれこれ

高血圧の約90%は本態性高血圧と呼ばれる原因がはっきりとしないものです。

 

もっとも大きな要因の1つは遺伝的要因で、家族の中に高血圧の人がいる場合が多く遺伝子が関係しています。

 

また、加齢による血管老化の要因も大きく、個人差はありますが血管が動脈硬化を起こしてしまい、血圧が高くなります。

 

生活習慣が原因の場合は、塩分、たばこ、酒、ストレスなどが影響し血管を詰まらせるものです。

 

 

 

これとは別に、残りの約10%は二次性高血圧という、4つの原因からなるものもあります。

 

①腎臓に異常がある『腎性高血圧』

 

②腎臓の血管に異常がある『腎血管性高血圧』

 

③ホルモンの異常から起こる『内分泌性高血圧』

 

④大動脈や大動脈弁の異常から起こる『大血管疾患による高血圧』

 

これらは専門医にかかり、適切な対処が必要になります。

 

降圧剤の使用を否定するつもりはありませんが、その使用により下がった血圧は薬の力で下げられただけで、ご本人の身体の中に存在する根本的な原因の解決になった訳ではない、という事を忘れないようにして頂きたいものです。

 

高血圧の予防、対処には『生活習慣を整える』という事が

何よりも優先されるべき事なのです。