何をどう食すか


食事の重要性はこのHPでも折に触れて述べていますが、

どうしても忙しい時、要件が立て込んでしまっている時などが

必ずあります。

 

いつも思い通りに事は運びません。

 

そんな時は『100点満点』の食事を目指すのではなく、

かと言って諦めて『0点』の食事をする事もありません。

 

限られた範囲の中で、ご自身の身体にもっとも優しい、

正しい選択は何かをよく考え、『60点』『70点』でも

よいのです。

 

『0』か『100』か、のような極端な考え方ではなく

どう工夫すれば少しでもバランスを良く出来るのか、

偏り無く多くの食材を摂り込むことが出来るのか、

 

ちょっとした心掛けの積み重ねが後々のご自身の健康に

大きく影響を及ぼします。

 

ちなみにこの画像は今日の昼食です。

 

予想外に立て込んだため、施術と施術の間のわずかな時間に

ご近所のパン屋さんで購入しました。

 

パン屋さんには魅力的な商品がたくさんあります。

 

クリームたっぷり、お砂糖たっぷりの美味しそうなパン達が

笑顔を振りまいているので全部買いの衝動に駆られてしまいます。

 

おやつとして時々食べる程度には何の問題も無いでしょうが、

こと『昼食』として考えるとそうもいきません。

 

野菜や肉などいかに多品種の食材のパンを選べるかが

ポイントですのでこの2種類にしました。

 

100点ではないですが、そんなに悪くもありません。

程々です。

 

何かを続けるには、この『程々』というのが意外と重要なのです。