膝が痛い時

膝痛の原因は多岐にわたり、また治療も困難で慢性的な痛みが解消せず動くのが憂鬱になってしまいがちですが、

 

まったく動かさないと余計に動かせなくなってしまいますので

少しずつでも動かしていきましょう。

 

しかし単に痛い膝を動かすと症状はどんどん悪化していきますので、十分に注意が必要です。

 

まずはいつどのようにすると痛むのか、痛みの強さはどの程度なのかを客観的に分析する事から始めます。

 

辛い痛みがずっと続いていると、意識が集中してしまい、本当の痛みより強く感じてしまいがちです。

 

日常生活では『痛い事はしない』のは鉄則で、 特に階段の上り下りには十分に気を付けましょう。

 

痛みが出るという事は、脳が『中止』『回避』を求めているので、無理な頑張りは必要ありません。

 

上りは膝への負担は少ないのですが、下りは体重の数倍の力がかかるため、出来るなら下りはエスカレーターもしくはエレベーターを使用するようにしましょう。

 

それが無理な場合は、1段2足のペースで下るようにしましょう。

 

それらと並行して筋トレは必ず行なって下さい。

種類はこちらのイラストのレベルで十分です。

 

膝は動かさないと固まりますので、痛くないようなら正座にも取り組んで下さい。