バランスの良い食事

朝、昼、夜の一日3食をしっかり食べましょう。

 

痩せている人、太っている人、不健康な人の原因の1つは、バランスの良い食事を摂っていない事です。

 

量は摂っていても質が悪かったり、質が良くても量や回数が少なかったりと、何かしらの偏りが見受けられます。

 

良い食事の基本は『一汁三菜』と云われています。

 

また、『主食』『主菜』『副菜』を揃える事も重要な事です。

 

主食とは、炭水化物の供給源となるご飯やパン、穀類などの事なのです。

 

主菜とは、たんぱく質源になる肉や魚、卵、大豆製品がメインのおかずの事です。

 

副菜とは、ビタミン、ミネラル、食物繊維の供給源となる野菜、海藻、きのこ類、いも類のおかずの事です。

 

これらを意識して、ご自身の今と未来の健康のための食事を摂るようにして下さい。

 

外食の多い方や日々忙しくされている方でもちょっとした気使いをするだけで随分とその内容が変わっていきます。

 

画像のような典型的な健康優良食ではなくても、構いません。

 

何でも完璧にやろうとすると続かないからです。

 

何か1品付けるとか、小鉢や付き出しのようなおかずを選んでメニューを考えるとか、方法はいくらでもあります。

 

要はご本人がやる気になるかならないかです。

 

決して無理をしなくて良いのです。出来る範囲で実践しましょう。

 

こちらに食事メニューを掲載していますので、参考にしてみて下さい。

 

 

健康のためには食事は本当に大切なのです。