歯周病

歯周病は高い血糖値が続く糖尿病と深く関係していて、合併症の1つと言われています。

 

糖尿病になると、血液の循環が悪化し免疫力が低下し、感染症を起こしやすくなります。

 

口腔では『歯肉炎』を起こしやすく、その炎症物質が血液に入るとインスリンという血糖値を下げるホルモンの働きを悪化させます。

 

これらの流れを考えると、

 

歯周病の予防、治療が糖尿病を改善し、

 

糖尿病の予防、治療が歯周病を改善するという

 

相関関係が浮かび上がってきます。

 

お身体の不調を訴える方の中に、口臭がきつい方を時折お見かけします。

 

恐らく、口腔のお手入れが健康に直結している事をご存知無いのでしょう。

 

口腔は外皮でもあり内臓でもあると考えていますので、口腔ケアは健康の基本です。

 

『食べたら磨く』この当たり前の事を当たり前にするという習慣が何よりも大切になってきます。

 

お子様でしたら親御さんが、大人の方でしたら、ご自分の躾はご自分で行ないましょう。