眼精疲労

現代社会では、長時間PCの画面を見たり、携帯端末を凝視する機会が飛躍的に増えてしまい、眼のお疲れを訴えられる方が多くいらっしゃいます。

 

視点の固定化だけではなく、画面の鮮やかさなども眼への強い刺激となって疲れを増幅させています。

 

眼は単に眼球に物が移ってそれが見えているのではなく、その周りの筋肉が働く事により見ることが出来るのです。

 

つまり眼を酷使すると筋肉が疲労し、血の巡りが悪くなりますので、ちょうど肩こりと同じような状況が眼で起こっているようなものなのです。

 

ですので、眼のお疲れは肩凝りを楽にするのと同じ原理で、

『よく動かす』『休ませる』という事を習慣付けるとずいぶん違ってくるものです。