iPS細胞

山中伸弥京都大iPS細胞研究所長
山中伸弥京都大iPS細胞研究所長

よくニュースで『iPS細胞』という名前を耳にし、何だかすごい細胞なんだろうなとは思いますが、どうすごいのかを説明するのは難しいようです。

 

iPS細胞の『作製』でノーベル医学生理学賞を受賞されましたが、理論を作り上げたとか、発見したとかではなく、このシャーレの中でiPS細胞を作ったというのが画期的でした。

 

iPS細胞は『人工多能性幹細胞』の事で、

 

皮膚や血液など、特定の機能を持つまでに成長した細胞に数種類の遺伝子を導入して、受精卵に近い状態に戻した細胞であり

 

ほぼ無限に増殖させることが出来、その培養の条件を変える事で心臓や神経など目的の細胞に変化させることが出来るとの事。

 

ですから、事故や病気で機能を失った部分を修復する再生医療や薬の開発への応用が期待されています。

 

しかし実用レベルに達するまでには相当程度の年数がかかるとも言われていますので、様々な機関が協力をして、iPS細胞を必要としている人々に少しでも早く利用が出来るようにしていただきたいものです。