はじまりの時

暖かくなったり、雪が降ったり、暴風雨になったかと思うとまた暖かくなったりと目まぐるしく変化する天気で、身体の調子を崩している方がいらっしゃいますが、身体は着実に動き始めています。

 

冬の間、溜め込んでいた様々なものを解放し、硬くしていた身体は季節の変化に伴って弛み、動きやすくなってきます。

 

この時期は骨盤や背骨が自然に動きだし身体を整えようとしますので、無理なく身体を動かし、関節や筋肉に適度に刺激を与えると、ますます活性して健やかに過ごすことにつながります。

 

逆に、この時期に身体の自然な動きを阻害するような怠惰な生活を送ってしまうと、冬の固まった体がそのまま変化せず、新しい季節に適応出来ないために、あちらこちらに不具合が生じてしまいます。

 

身体の構造上、骨格と内臓は連動していますので、骨格に不調をきたすと肝臓や腎臓や心臓など、主要な臓器の自然な働きが十分に出来なくなり、解毒や排泄という健康に直結するような事に支障をきたします。

 

そうなると、肩こりや腰痛は勿論のこと、疲労感がいつまでも取れなかったり、むくんだり、便通具合が悪くなったりしてしまいます。

 

厳しい夏を乗り越えるには、この時期の過ごし方、身体の扱い方がとても大切なのです。

 

そしてそのタイミングは、すでに始まっています。