お腹を引き締める

運動指導のご依頼の中で、比較的多いのは「お腹をひっこめたい」「たるんだお腹を何とかしたい」という事なのですが、

 

「では、何をすればお腹が引き締まるとお考えですか?」とお尋ねすると、ほとんどの方が「腹筋運動!」と答えられます。

 

もちろん腹筋を鍛える事は必要なのですが、それはいくつもある方法の中の一部に過ぎませんし、優先順位もそれほど上位ではありません。

 

年齢とともにお腹周りに脂肪がつきやすくなるのを気にされる方が多いと思います。

 

これには有酸素運動で皮下脂肪を、食事制限で内臓脂肪を、減らすことが『まずするべき事』なのです。

 

そして有酸素運動をするために必要な下半身の筋肉が衰えている場合は、怪我の防止や有酸素運動には持久力も必要な事から、この部分の筋肉をつける事から始めます。

 

その上で腹筋を鍛えるのですが、同時に腹筋には一見関係なさそうな反対側の筋肉である、背中側の筋肉も鍛える必要があります。

 

これは拮抗筋と呼ばれ、身体のバラスンを保つのに欠かせません。

 

身体は連動していますので、お腹を引き締める事1つ取ってみてもこのように様々な要素が複雑に絡み合ってきます。

 

だからと言って諦める必要はありません。

 

1つ1つご自身で出来る事から始め、積み重ねていく事で結果としてお腹のたるみが無くなったり、引き締まったりしていきます。

 

時間をかけて変化したものは、時間をかけて元に戻していく。

 

これが自然の流れなのです。