良質なたんぱく質

身体のあらゆる組織、器官の材料である『たんぱく質』ですが、

何から摂取するのが良いと思われますか?

 

たんぱく質は牛肉、豚肉、鶏肉などの肉類、魚介類、卵、乳製品、豆類、穀類、海藻類、種実類などから摂取出来ます。

 

多くの方は『肉類』とお考えだと思いますが、健康の事を考えれば

①豆類 ②魚介類 ③肉類が正しい優先順位なのです。

 

食に関して重要な事は、『摂取』よりも『消化・吸収』であり、その点においてアミノ酸スコアがいくら高くても、腸を汚し便を硬くし便秘を引き起こしやすい肉類は積極的に食べるべきではありません。

 

大豆を中心とした植物性の食品からの摂取は、腸に優しく、消化吸収はもとより健康にとって最も大切な『排泄』にも適しています。

 

ただし豆類ばかりの食卓というのも現実的ではありませんので、全体のバランスを考慮したうえで献立を作りましょう。

 

そこでお勧めなのは、ごはんを『玄米大豆雑穀ごはん』に変え、豆腐、納豆、高野豆腐などを常食する事です。

 

あまり神経質にならないようにしながら、少しずつ体に優しい食品を取り入れるようにしてみましょう。