"気"と肩こり

首や肩のこりの原因は血行不良ですが、その原因の原因は?となると色々な事が考えられます。

 

内臓疾患、長時間労働、ストレス、姿勢の悪さ・・・・

 

その中に『気』に関する事が原因で辛い首、肩こりに悩まされている人がいます。

 

まずは、気を遣いすぎている人。

常に周りと自分の関係や距離などに意識が向いてしまい、嫌われたくない、気に入ってもらいたいなどと考えてしまう癖のある人。

 

そして、気弱な人。

常に不安や心配事がたくさんあり(あると思ってしまっている)、それを克服できない自分を責めたり、簡単に解決出来る事をいつまでもいつまでも思い悩み続ける癖のある人。

 

最後に、短気な人。

常に攻撃的で、利己的で「自分ルール」で物事が動かないと、途端に不機嫌になったり当たり散らしたりする癖のある人。

 

一見共通する事が無いように思いますが、実はあるんです。

 

『気が上がってしまっている事』

『呼吸が浅くなってしまっている事』

 

本来『気』はおへその少し下、身体の奥の方にあるべきものですが、これらの癖のある人は頭に気が上がってしまい下ろせなくなっています。

 

ですからいつも落ち着かない、いらいら、そわそわ、くらくらした状態で過ごすことになり、当然身体は常に緊張し続けているので呼吸が浅くなり、血流が悪くなります。

 

このような癖のある人には是非、自律訓練法で呼吸を整え、気を落ち着けることを身に付け、自律神経のバランスを整えて頂きたいものです。