便秘

便秘自律神経整体

便は食べ物の残りかすだと思っている方が多いのですが、そうではありません。

 

90~95%は古くなった細胞や腸内細菌で、毎日のように新しいものと入れ替わり便として排出されます。

 

ところが、偏った食生活、運動不足、睡眠異常、ストレス、疲労が続くと、腸の機能が著しく低下し腸内の新陳代謝がうまく機能しなくなり、『便秘』になります。

 

つまり便秘は食べた物が腸に溜まって出ない、という単純な物ではなく、腸が『機能不全』を起こし、本来送り出すべき物を動かせないような状態になってしまう病気だと言えるかもしれません。 

 

腸内環境の悪化は、悪玉菌が増え血流や代謝が悪化し、免疫力の低下を招きますので、老廃物が身体の中で悪さを始めます。

 

ニキビや乾燥、くすみや肌荒れなどの『お肌トラブル』や『冷え』『肥満』『体臭異常』『すぐ風邪をひく』などさまざまな不調を引き起こします。

 

便秘になるとTVや雑誌などから刷り込まれた情報により、直感的に『便秘に効く食べ物』や『腸マッサージ』、または『下剤』などに手を出してしまいがちですが、そんな事よりもすぐに取り掛かっていただきたい事は、

 

①食物繊維の多い食材を中心にバランスの良い食事を摂る。

 

②適度な運動をする。

 

③十分な睡眠時間を取る。

 

④ストレスを溜めこまない。

 

この4点を正しく行なえば腸内環境は必ず整い、腸の蠕動運動が活発になり便秘は治ります。

 

いつも便秘の方はこの①~④が出来ていないはずです。

 

今一度、ご自身の生活習慣を見つめ直し、ご自身の便秘の原因は『自分自身の生活習慣である』という自覚をお持ちください。