靴底の減り方

がに股O脚治す整体

身体のバランスが悪い、どこかに不調を抱えている方の多くは、靴底の減り方に何らかの特徴がみられます。

 

靴の内側が減る方は、X脚や内股気味です。

 

膝が曲がっていたり猫背姿勢で歩いているため、タコや魚の目が出来やすく腰痛になりやすいタイプです。

 

高いヒールを履く機会が多い方、偏平足の方も多くみられます。

 

靴底の外側が減る方は、がに股やO脚気味です。

 

脚の外側に重心がかかるため外側の筋肉が強く張りがっちりとした脚になります。

 

逆に内股の筋肉がたるみ膝や股関節の痛みが出やすいタイプです。

 

靴底の爪先が減る方は、膝を伸ばして踵から着地出来ていない歩き方が特徴で、爪先に体重がかかるため、外反母趾になりやすく膝痛、腰痛を起こしやすくなります。

 

靴底の踵が減る方は、がに股の典型的な減り方で、腹筋、背筋など体幹の筋力が衰え、腰痛や冷えなどにつながります。

 

靴底の片方だけが極端に減る方は骨盤を始め胸郭、肩の位置、首の傾きなど身体全体のバランスが崩れていますので、歩き方、座り方、荷物の持ち方など生活の中で癖になっている偏りを改善する事が必要です。