脳にマスク

脳障害整体治療

体は疲れているはずなのに、全然疲れを感じない、疲れているかどうかわからない、こんな事が起こる場合があります。

 

疲れると、脳の眼窩前頭野という部分に「疲れてますよ~休みなさい」というシグナルが送られ『疲れた』という自覚が生まれるシステムになっています。

 

しかしそこに「心地良さ」、「やりがい」、「ご褒美」などの意欲や達成感が来てしまうと、疲労の情報が押し込められてしまいます。

 

この状態を『脳がマスクをした状態』と呼びます。

 

疲労しているのに疲労を感じない、そんな辛い状態が蓄積され、ある日一気に爆発してしまいます。

 

マスクになるものは、精神的な物だけではなく、珈琲やたばこ、栄養ドリンクなど様々です。

 

野生動物は脳の前頭野が発達していないため疲労がマスクされることはありません。

 

肉食動物は狩りの途中でも、疲れると諦め体を休めますし、体調が悪いと食べる事を控えたり、無駄に動く事を止めるそうです。

 

ですから、オーバーワークなどにはなりません。

 

使命感や達成感、幸福感に惑わされ、必要以上に頑張ってしまうと、疲労を長引かせたり、悪化させたりしてしまいますので、日々ご自身の身体の状態を正確に把握し、無理をしていないか、限界を超えていないか、チェックする感覚を持っていただきたく思います。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Chelsey Didonna (木曜日, 02 2月 2017 00:33)


    What a material of un-ambiguity and preserveness of precious know-how about unpredicted emotions.

  • #2

    riguisu (木曜日, 09 2月 2017 12:35)

    To Chelsey Didonna : Thanks for your comment.