なぜストレッチを勧めるのか

神戸東灘整体

首、肩、背中、腰、お尻、脚 

お身体に不調をお感じの方、疲れていらっしゃる方の多くは『筋肉がこわばっている』状態です。

 

ずっと同じ姿勢を続けていたり、ほとんど動かないでいると筋肉の性質が変わり弾性が上がり硬くなります。

 

また、疲れを溜めたままにしておくと、神経の興奮が収まらず身体の力が入りっぱなしになり、脱力出来ずに硬くなります。

 

これらを放置しておくとこわばりはどんどん増すばかりです。

 

筋肉が硬くなると、血液循環という筋肉のポンプとしての役目が低下し鬱血した血液から水分が染み出たり、代謝が滞って筋肉内に老廃物のようなものが蓄積したりして硬化が進んでしまいます。

 

これを防ぐもっとも手軽な方法の1つがストレッチなのです。

 

ストレッチをすると筋肉の弾性が下がり柔軟性が増し、血液循環が改善されます。

 

さらにストレッチにはおまけがつきます。

 

『爽快感』というご褒美で、例えば寝起きのこわばりをほぐすため無意識に『伸び』をしますが、これは身体がこわばりを不快に感じ、伸びをすることで解消され、『心地良さ』を感じられるからです。

 

身体が硬いからストレッチが出来ないとお思いの方にこそ、その硬いお体を柔らかくするためにストレッチをお勧めします。