リンパドレナージ

リンパアロマむくみ代謝

手や脚がむくむ事があると思います。

 

これは皮膚と筋肉の間(皮下組織)の細胞の隙間に、身体にとって不要なものや、過剰になった水分やたんぱく質などが溜まった状態で、本来は身体の表層にある「排水管」の役目である細いリンパ管に吸収され、太い各リンパ節にリンパ液として集められるのですが、手術の後遺症や、生活習慣の偏りからこのシステムが正常に働かなくなるのです。

 

リンパドレナージとは『滞ったリンパ液を正常なリンパ管へと導くもの』で、2つの事を正確に行なわないと全く意味がありません。

 

まず1つ目は、リンパ液を送る手順です。

鎖骨のリンパ節から始め、上半身の主なリンパ節の流れをよくする事、そして末端へ、という順番です。

手や脚から始めるようなリンパドレナージはリンパの流れを理解していない証拠ですので、いくら行なっても、通い続けてもリンパ自体には効果はありません。

 

そして2つ目は、力加減、刺激の仕方です。

先ほども述べたようにリンパ管は身体の表層、皮膚と筋肉の間にありますので、リンパを目的とするならば皮膚をさする、なでる程度の力加減で十分なのです。

それ以上の圧力は単に筋肉への刺激となるため、血流改善やマッサージが目的になってしまいます。

 

リンパは血液のように放っておいても動いてくれるものではありませんので、滞りの改善には日々の生活習慣を見直すことも必須です。

 

当店では『リンパ整体』としてドレナージの方法をお伝えしています。

毎日、ご自宅などで行なっていただくセルフケアが目的のため、着衣のままわずかな時間で簡単に行なえますので、是非習得して頂きたいと思います。