夜の過ごし方

リンパ代謝改善住吉

睡眠を妨げる大きなものの1つに夜のデジタルメディア接触が挙げられます。

 

深夜番組、ネットサーフィン、メール、ブログ、フェイスブック、ツイッター・・・

 

瞬く間に時間は過ぎていき、気付けば深夜や明け方になる事もしばしば。

 

そんなデジタル中毒に はまってしまうと、メラトニンの分泌が妨げられ、自ら睡眠を犠牲にしてしまう事になります。

 

眼からの強烈な刺激は体内時計の動きを止めてしまいますので、体温調節やホルモンの分泌が妨げられるだけではなく、さらには発がんの可能性まで考えられるそうです。

 

夜は、照明の明るさを少し落とし、タイマーやアラームを使いメディア接触の時間を決め、寝る前にはTV、パソコン、スマホに近づかない、という習慣を付けて夜は眠るための準備に全力を注ぎましょう。

 

健康を考える上で、どんな睡眠をとるかがとても重要なのです。