呼吸の仕組み

肩首腰背中のこり治す

肺は、肋骨や胸椎などからなる『胸郭』というカゴに収められている風船のようなもので、肋骨の間にある肋間筋と胸郭の底にある横隔膜の力で自在に収縮します。

 

肋間筋がゆるみ、横隔膜が下がると肺は膨らみ、内部の気圧が下がって空気が肺に流れ込みます。

 

これを『吸気』といいます。

 

反対に肋間筋が収縮し、横隔膜が上がると肺は縮まり、気圧が上がって空気が出ていきます。

 

これを『呼気』といいます。

 

健康に直結する呼吸は、この横隔膜をいかに上手に使ってゆったり深く呼吸するかがポイントで、日頃呼吸が浅い人は胸や肩の筋肉まで総動員して胸郭を動かそうとしていますので、首や肩のこりを誘発してしまいます。

 

深呼吸をする時に肩が上がったり、首にすじが入ったりする人は、無意識に浅い胸式呼吸になってしまっていますので、しっかり吐いて、しっかり吸う習慣を付けましょう。