アレルギー

この時期、咳や鼻水が止まらなかったり、熱っぽさやだるさが続くと『夏風邪だ』と軽く見てしまいがちですが、活発に増殖するカビが原因の可能性があります。

 

どこにでもいる黒カビや青カビは、喘息や鼻炎、アトピー性皮膚炎などアレルギー疾患の原因になります。

 

カビの胞子の大きさは、スギ花粉の数十分の一のため、気管支や肺の中に入りアレルギー反応を引き起こし、肺炎に至る場合があります。

 

そこで大切なのは家のカビ対策です。

 

部屋は十分に換気し、台所や浴室など湿気が多く日当たりが悪い環境は小まめに掃除をしてカビの繁殖を防ぎます。

 

見落とされがちなのは、洗濯機の洗濯槽の裏側やエアコンの内部などです。

湿気が多くたまったほこりはカビの温床になってしまい、エアコンを使うたびにカビの胞子が飛び散ってしまう事になります。

 

洗濯槽は定期的に洗浄し、エアコンはフィルターに付着したほこりを取り除きましょう。