世を挙げて・・・

☆世を挙げて之を誉むるも、努めるを加えず☆

 

誉められる事は気分がいいものです。

世の中の人がこぞって自分の功績や業績を称えてくれれば、これほど愉快な事はありません。

 

ただ、いい気になって調子づいて、本来自分の力以上の事にまで手を伸ばして無理をし始めてしまっては元も子もありません。

 

自分の力を過大視してはいけないという事です。

 

☆世を挙げて之を非(そし)るも、阻むを加えず☆

 

逆に世の人にけなされたり、ぞんざいに扱われたとしても意気消沈することなく、冷静に自分のペースで生きていく、常に自然の道を自然と一緒に、流れて生きていけば良いという事なのです。