健康食

玄米生活習慣整体

年齢性別に関係なく、毎日を元気にイキイキと過ごすためには何を食べればいいのでしょうか?

 

固定観念から、肉類などの動物性植物が「栄養満点」でパワーがみなぎると思われがちですが、実際はそうではありません。

 

動物性食品には豊富な栄養と同時に、動脈硬化を引き起こすとされる動物性脂肪やコレステロールなど、体に害を与え腸を汚す成分がたっぷりと含まれています。

 

そして、排泄しきれない便がヘドロのように腸内に滞留し、有害物質を発生させ悪玉菌を大量繁殖させてしまい、最終的に身体を不健康な状態にさせてしまいます。

 

一方、食物性食品というと野菜、果物、豆類、海藻類ですが、これらを頻繁に摂取する事は容易ではありません。

 

それならばサプリメントで・・・と、考えられる方もいらっしゃるかもしれませんが、サプリメントはあくまでも『補助』としての役割でしかありません。

基本になる栄養素は食品から摂取する事をおススメします。

 

そこで食物繊維などの補給源として、もっとも優れていると考えられるものは『玄米』です。

 

栄養バランス、腸相の改善などトータルで考えても玄米に勝るものはありません。

昔は『まずい』『硬い』と言われていた玄米ですが、昨今の玄米はとても優秀で、3ヶ月も続けるとその美味しさと身体の状態の良さから、逆に玄米以外の米を欲しくなくなります。

 

主食を玄米に変える。

 

これだけで身体は何倍も元気になれるのです。