呼と吸

体幹トレーニング整体

体幹を鍛えるというのは、身体を支える、固定し安定させるための身体のコアにある筋肉を強化することで、それにより結果的に代謝が良くなったり、肩こりや腰痛などが改善したりしていきます。

ボディコアというべきお腹、骨盤周りの筋肉が弱ってしまうと身体の様々な所に負担がかかり、怪我や慢性的な疲労につながります。

 

そこで、鍛える際には『体幹をゆるめない』意識が必要で、そのためには呼吸が重要な働きをします。

 

体幹を固定するには息を吐いてお腹を引っ込め、体幹を硬くし安定させます。

 

逆にお腹を膨らませたり、息を吸っている時には体幹がゆるんでいるのです。

 

腹筋群は息を吐いた時に活動するとでも言いますか、きちんと吐き切るために十分に動くように整える必要があるのです。

 

ですから、呼吸は普段から吸う『吸』よりも、吐く『呼』に意識を向け、強く長く吐くようにしましょう。

通常は2倍くらい、トレーニング中は3倍くらいを目標に行なうと効果が大きく異なってきます。