がに股

がに股O脚整体

街で人々の歩く姿や立ち姿を見ていると『あんな偏った使い方をしてると痛みや疲労や歪みにつながるのにな~』と感じる方が大変多くいらっしゃいます。

 

もともと脚の筋肉は外側が強く、内側が弱いため、無意識のうちに外側の筋肉を使って歩いたり、立ったりしてしまいます。

 

その悪癖が、何年、何十年と積み重なる事により、脚が外側に引っ張られ骨盤や膝や足首が歪み、膝と膝とがどんどん離れていきO脚、がに股と呼ばれるような構造に変化していくのです。

 

改善するには普段の生活の中で、内側の筋肉を強化しなければ整える事は出来ません。

そして、意識して立つ事、歩く事を徹底して行なって下さい。

 

体格にもよりますが、膝と膝の間は20cm以上離れないような歩き方を心掛ける事から始めましょう。

 

身体の歪み、変形はご自身の過ごし方の履歴書のようなもの。

 

過去のご自身の身体の使い方が、今のお姿なのです。

 

ですから、何かを改善しようとお考えであれば、その履歴書をよく振り返り、何が原因でそうなっているのかをじっくりと考えてみる事から始められてはいかがでしょうか。