どうしようもない

運動ストレス整体

肩こり、首こり、腰痛、冷え、むくみ・・・・・

お身体の不調を訴える方とお話しをする中で、『運動はしたくない』とおっしゃられる方が少なくありません。

 

運動しない事が身体の不調の原因である可能性が高いのですが、それでもなお『身体を動かすのが面倒』『運動は嫌だ』『運動せずに楽になりたい』とお考えになられています。

 

どのような行為を『運動』と、お考えなのかは分かりません。

 

しかし頑なに『運動はしない、出来ない』と、まるで運動をしない家訓でもあるかのようにこだわられます。

 

突き詰めて申し上げれば、呼吸も運動なのですが・・・

 

健康とキチンと向き合う為には、運動は欠かせませんし、運動をせずに前述のようなお身体の不調を治したいというのは、まるで基礎工事を行なわずに、とりあえず家屋だけ作るようなもの、そんな家に住めるでしょうか?

働かずに給料だけ欲しい、そんな事があるでしょうか?

 

食べたい物を食べたいだけたらふく食べて、運動もせずにゴロゴロした生活をしながら、『でも痩せたい!!』。

そんな都合の良い話があるでしょうか?

 

運動もせずに健康になりたいという方に対しては、正直なところ

 

『どうしようもない』としか言いようがありません。

 

身体というものは、動かせば健康に、動かさなければ不健康になるという大原則に従って変化していくのです。