アーチ構造

腰割り股関節整体

股関節は座る、立つ、歩くといった日常生活に欠かせない動作のすべてに関わる『要の関節』であり、上半身と下半身をつなぐ最も大きな関節です。

 

そのため常に強い圧力を受け続けながらも、バランスを保ち柔らかく滑らかに動かす事が大切なのです。

 

しかし、股関節の動きが悪くなると骨盤自体が傾き、全身の骨格の歪みにつながり万病の元になりかねません。

 

股関節の構造はアーチ橋のようなもので、石をアーチ型に組んでいくと真ん中の石を挟む左右の石は絶妙なバランスを保ち、お互いを押し合いながら上からの圧力に対し、安定したバランスを形成しています。

 

真ん中の石が骨盤、左右の石が股関節だと考えれば、骨盤を丈夫に支えるためには左右の股関節がいかに大切か、ご理解いただけると思います。

 

骨盤が歪んでいるから、骨盤だけ何とかしようとしても、人の身体というものはそんな単純な構造ではないのです。

骨盤が歪むにはそれなりの理由や原因があり、その部分を改善しない小手先の対処では、健康の本質は得られません。

 

骨盤を整えるには『股関節を整える事』、これが欠かせません。

 

そして股関節を整えるには、可動域を広げ、強化も出来る『腰割り』がベストなのです。