可能性

健康人気整体

よく『口にすれば叶う』と言いますが、ただ単に『それは素晴らしい』とか『幸せだ』と口先だけで唱えても、あまり意味が無いように思います。

物事を前向きにとらえたり、大きく考えるためには、物の潜在性や人や自分の将来性を『見る』という視点が必要なのです。

 

つまり今の『現状』ではなく、これからの『可能性』を見て、考える習慣を付ける事です。

 

例えば、空き地を見て『空き地だ、広いな』ではなく、その空間に今後、何か出来るのでは? マンションか?一戸建てか?いつから、どんな人が暮らすのか? それにともなってこの周辺がどのように変化するのか・・・・などなど。

 

このような事を自分の生活の中でも取り入れ、常に可能性を探り、環境や空間、自分や他人がもっと良くなるために、じゃあ自分自身に何が出来るのか?どんな『付加価値』を付けられるか?を問いかけ、考える癖を付けましょう。

 

現状ではなく可能性を見る事で、今まで気づかなかった潜在能力が発揮され、知らず知らずのうちにプラスのスパイラルに乗り、思っている以上の結果を手にすることが出来るかも知れません。