すり替え

肥満ダイエット整体

肥満が健康の大敵であるという事は多くの方がご存知だと思います。

しかし、それでもなお痩せない方がいらっしゃいます。

 

勿論、遺伝子レベルでなんらかの異常が生じ、どうしようもないという方もいらっしゃるかも知れませんが、ほとんどの方はそうではありません。

 

肥満をカロリーの摂取と消費のバランスの問題とかたずける事は簡単ですが、問題の本質ではないと思っています。

 

食べ過ぎると太ると分かっている(つもり)のに止める事が出来ない

動かないといけないと分かっている(つもり)のに運動をする事が出来ない

 

そして肥満体であるという現実を、真剣に受け止めることが出来ずに

『太ってても誰に迷惑をかけてる訳じゃない!!』

『別に太っていても誰かに見せたりしないから構わない!!』

『今さら痩せて、もてようなどと思っていない!!』

 

などと、本当の気持ちとは逆の、肥満体を擁護するような思考回路が働いてしまい、本来、向き合わなければならない大切な事柄を何かにすり替えてしまい、そんな矛盾に満ちた感情は次第に心と身体の両方を歪めていきます。

 

心の歪みは色々な観察方法があるのですが、そのうちの1つは部屋の片づけ方法です。

 

印象的な事は、一見綺麗に片づけているように見える(見せている)のですが、どこか1箇所だけ、例えば洋服ダンスや押し入れなどに色々な物を押し込め、見えないようにし、まるで何事もないように、その他の部分を異常なまでに綺麗にしたり、

 

おもにコンビニやスーパーの袋のようなものに、要る要らないに関係なく色々な物を入れ大事に保管し、机やシングルハンガーやベッドなど部屋中に吊るしたり部屋の至る所にかためたりしてしまうような行動を取ります。

 

周りから見ると、異常な行動ですが、本人にしてみれば、歪んだ状態での行動ですから、それは異常でも何でもなくいたって『普通』なのです。

 

ですから、肥満は単純に食べ過ぎや運動不足が根本原因ではなく、その奥にストレスやコンプレックスなど、無意識の世界に押し込んで、本人ですら気付かない本当の原因を、どうすれば意識下に戻し前向きに改善しようと思えるようになるか、そこが重要なポイントなのです。